› 海外の中古車販売会社のビジネスモデル。

こうした海外で中古車を売っている販売業者の多くは、同時に日本国内で車買取を行っているケースが高いと思われる。

日本国内で、車をできるだけ安く買い取って、海外でできるだけ高く売るというビジネスモデルだ。


なんとも、効率的に利益を出すビジネスモデルで正直感心してしまった。

資本主義とは、なんとも残酷なものだと思ったものだが、こうして、ユニークなサービスが生まれるのも、資本主義で揉まれたことによる、企業の努力の産物だといえよう。

多くのユニークなサービスが生まれてくる中、こうした一括査定サービスのような、ユーザーが喜ぶビジネスが長く生き残っていくのだろう。

現に、その一括査定サービスに登録している中古車販売会社からの評判は上々のようだ。

そう考えると、単に海外で中古車売るのが儲かるよってとこにだけフォーカスするだけではなく、その仕入は、日本国内でできるだけ安く仕入れる必要があり、車買取の一括査定サービスがその部分に活用されているということまで考えると、興味を持って、ビジネスをとらえることもできるし、その分理解が深まるのではないだろうか。

そんなわけで、今回は海外の中古車販売会社のビジネスモデルのからくりについて、紹介してみた。